スパイス

  • スパイス,  ブログ,  日常

    季節の恵をありがたく頂く・やまもも

    純子さんが、ご近所さんのお庭で収穫した「やまもも」を大量にもらってきた。本当に大量すぎて驚いた! 鮮やかな赤色の実は、見るだけで元気になれそうですね。「やまもも」は、とても傷みやすいため、店頭に並べるのが難しいそうです。スーパーなどで見かけないのはそう言った理由があるんだとか。 見るからに身体に効きそうな「やまもも」ですが、特徴は以下のようになります。(『薬膳食典 食物性味表』編著・日本中医食養学会 監修・日本中医学院)ヤマモモ科ヤマモモ属性味・・・・温・甘酸帰経・・・・肺胃効能・・・・生津 止渇 和胃 消食 止痢適応・・・・口渇 消化不良 胃腸の張り       ※血熱火旺者の多食には注意が必要しかも、クエン酸が豊富に含まれているので疲労回復に良さそう。アントシアニンも含まれていて、こちらは抗酸化作用が期待できますね。冷房で体が冷えてしまい、お腹の調子も悪くなりやすいこれからの時期に、ぴったりの食材ですね。 3キロ分は、お砂糖と一緒に瓶に詰めて酵素ジュースにしました。綺麗な赤色を楽しみたいので、お砂糖はあえてグラニュー糖を使いました。これから3ヶ月かけて、お砂糖の浸透圧で、やまももエキスが染み出していき、美味しいジュースになります。お砂糖がしっかり溶けるまでは、毎日瓶を振ってあげなくてはいけないんです。ちょっと手間はかかりますが、でも、美味しいジュースのためにはそれも楽しみ。 残りは、コンポートにすることに。シナモンとメースと一緒にコトコト煮込みます。お砂糖の分量は、やまももの半量程度にしました。アクが浮いてくるので、丁寧に除きます。スッキリした味にするためです。 綺麗に煮上がりました。シナモンとメースの甘い香りもいい感じ。仕上げにレモン汁を少々。味がシャキッと締まります。 蓋をして、ゆっくりと冷ましていきます。やまももの酸味と、お砂糖の甘みと、スパイスの香りが、じっくり落ち着いていきます。しっかりと冷えたら、容器に移して冷蔵庫で保存します。 本日のおやつシロップを吸い込んだ実も美味しいけど、シロップがめちゃくちゃ美味しかったですよ。酵素ジュースの完成が、ますます楽しみになってきました。 仕事部屋の大家さんのやなぎだ化粧品店では、お客様のお庭や畑で収穫した梅や柚子などの果物で、酵素ジュースをたくさん仕込んでいます。お砂糖が溶けるまで、その子達を毎日振らないといけないし、温度が高くなり過ぎないように保管に気を配ったりと、「ゴール」まで、やらないといけない事がたくさんあるんです。でも、毎日、酵素ジュースの瓶を振っていると、どんどんエキスが染み出していくのが目に見えて、そんな変化が楽しみでもあります。 「美味しくなあれ」と言いながら瓶を振ると、ますます美味しくなるそうなんでうす。なので、気持ちを込めて私も声をかけるようにしています。人が発する言葉には、「思い」や「意思」や「希望」が詰まっています。酵素ジュースにも、それらが乗り移るんでしょうね。 酵素ジュースは、エステの後やお買い物に来られたお客様にお楽しみいただけます。「思い」がこもったジュースを是非どうぞ!

  • スパイス,  ブログ

    「変わり種」チャイを楽しむ

    手作りの楽しいところは、何でも試せることだと思います。いつものチャイに、スパイスだけでなく、「変わり種」を入れてみたくなりました。そこで思いついたのが赤くて可愛らしい「枸杞子」(くこし)。クコの実です。杏仁豆腐の上に飾られているので、ご存じの方も多いですよね。スーパーでも売られているので、簡単に手に入ります。 枸杞子はナス科クコの実性味:平性・甘帰経:肝腎肺効能:滋補肝腎 明目 潤肺陰陽平補の要薬とされています。分類としては補陰薬です。 引用元・「薬膳食典 食物性味表」編著:日本中医食養学会 監修:日本中医学院 疲れ目に良いと言われているので、スマホやパソコンを長時間見る機会が多い現代人には、とても有難い食材ですね。レーズンの様にドライで売られているので、そのまま食べても甘くて美味しいです。効能にある「滋補肝腎」とは、体力や栄養を補って(滋陰)肝臓と腎臓の機能を整えることです。体の中の力が満ちて元気になれる。「明目」は、目の機能を整えること。疲れ目が気になる人にはおすすめです。「潤肺」は肺を潤すこと。乾燥からくる不調を軽減します。 では、作り方をご紹介しますね。まずは、枸杞子を水に浸して柔らかくします。この行程は、実をふっくらさせてあげることで、味が染み込みやすいのと、口当たりが優しくなって、食べやすくなります。 実がふっくらしたら、水を足してコトコト煮ます。枸杞子を浸していた水には、栄養が染み出しているので捨てないで使いましょう。実の半量くらいの砂糖を入れます。今回は、香りを楽しみたかったので、シナモンとカルダモンを入れました。もちろんスパイス無しでも大丈夫です。 水分がなくなったら完成です。このまま食べたり、ヨーグルトに入れたりして楽しみたい時には、仕上げにレモン汁を加えると味がしまって美味しいです。今回は、チャイに入れるために作ったので、レモン汁は入れませんでした。レモンの酸が牛乳と混ざると「チーズ」ができてしまうからです。 ツヤツヤに出来上がりました!粒々はカルダモンの種です。お砂糖が控えめなので、冷蔵庫に入れて、2〜3日くらいを目処に使いきりましょう。 本日のチャイは・枸杞子のスパイス煮・フェンネル・ブラッククミン・ブラックペッパースッキリしゃっきりした中に、ふんわりと枸杞子の甘さが残って、中々良いお味になりました。 「自然の恵」は、人にたくさんの恩恵を与えてくれます。なので、日々食べる食材は、「自然」のものをなるべく選びたいですよね。ただし、ここで、なんでも「自然」だったら、たくさん取り入れたら良いかと言うと、残念ながらそうではありません。「自然」はあくまでも「自然」にそのまま恩恵を与えてくれるだけで、人の都合は考えてはいません。なので、流行っているからといって、ある一つの食材を急激に取り入れたり、長期間連用すると、不調の原因となる場合もあります。あくまでも、自然の食材は、サポートをする存在だと考えた方が良いと思っています。「伴走者」と言っても良いかもしれないですね。自分の「味覚」が「美味しい」というよりも、「心地良い」と感じるか。それは人によっても違うし、体調や季節や、時間帯によっても異なります。「心地良さ」を感じ取れる人は、「運」に恵まれる人ではないかと思っています。

  • スパイス,  ブログ,  占い

    熱く語る人は「自分らしく」進むスイッチを入れてくれる・スパイスレッスン

    食養生大学インドスパイススタジオ主宰の井上亜耶先生のレッスンを受講しました。しばらくオンラインレッスンが続いていたんですが、久しぶりの対面レッスンにワクワク。今回の開催場所は、期間限定でオープンしている薬院駅近くの「P&A」。インドワインとスパイス料理が楽しめるお店です。 今回のメニューは ・旬の小松菜を使ったカレー・ジャガイモのクミン炒め・トマトスープ・豆豆サラダ・クローブ香るインド米 動物性のものは使用せず、「ベジタリアン」の人向けのメニューです。 インドでは信仰している宗教によって、「食べてはいけないもの」があるそうです。それも、宗教によってはかなり厳格に決められているために、食材選びに注意を払わなくてはいけません。「ついうっかり」のつもりでも、食べる人にとっては「戒律」を破ることになりかねませんから。 チャイを作りながら「スパイス」について熱く語る亜耶先生。聞いている私も熱くなる。あまりにも「マニアック」なインドのお話については理解できない部分もあるのですが、それでもなんだか楽しそうに話す「雰囲気」は、私の気持ちを動かしてくれる。だから、熱く語る人の話を聞くのが大好きなんです。 今の時期に取りたいフェンネルが入ったチャイを教えていただきました。さっぱりして美味しかったです。チャイは、寒い冬の飲み物のイメージがあると思いますが、使うスパイスを変えることで、年中楽しむことができるんですよ。 熱く語る人の「言葉」には「火気」が詰まっていると感じます。「言葉」は見えない波のようなものなので、十二支「巳」だと思います。「巳」は「火気」の生支。隠れていた火気が明るみになっていく、暗がりが徐々に明るくなっていくような「雰囲気」です。熱く語る人は、その場を明るく照らすことで、今まで見ることができなかった事を「表舞台」に引き出してくれる力を持っています。 「巳」が極まっていくと、大いなる波は「酉」へと向かい、「酉」でピークとなり、盛りを過ぎた「酉」は「丑」でゴールを迎えます。これは「三合金局」と言われている波です。「金」は個性の気。他者との間に明らかな「違い」を持ち、他者と交わろうとしません。境界線を引きます。つまり、それは、「自分らしさ」の景色だと考えることもできます。熱く語る人の話を聞いていると、自分も何か頑張れるかもしれない、自分らしく進んでみよう、と心が動きます。それは、「巳」が刺激され、「金局」が発動したサインだと思います。「香り」も金気を刺激してくれます。豊かな香りを体感できるスパイスレッスンを受けると、いつも「さあ、頑張ろう」と前向きに行動できる気分になれています。

  • スパイス,  ブログ,  占い

    「運の良い人たち」に刺激をもらった:福岡出張鑑定・手相

    インドワインとスパイス料理が楽しめるお店『P&A』で、出張鑑定をさせていただきました。 実は、その日は「ちょっと特別な日」だったんです。 サンマリノにある高見沢さんの葡萄畑で収穫された葡萄で作ったワインが味わえる日。 高見沢さんとは、言わずと知れたTHE ALFEEのメンバーであり、ギタリスト、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、小説家としても活躍されている高見沢俊彦さん。 しかも、13日14日の二日間、福岡サンパレスでライブも開催されると言うこともあり、お店は高見沢さんの熱烈なファンの方達で大盛り上がり。ライブに行く前に、高見沢さんのワインを飲みにこられた方達ばかり。 店内には、THE ALFEEの曲が流れていて、「ここはライブ会場?」と間違えるほど、掛け声や振りで賑やかでした。 メニューは日替わり。この日のメニューは ・手羽元のカレー ・小松菜とほうれん草のカレー ・新じゃがのスパイス炒め インド米はサラサラしていて、軽い感じ。お腹にたまらないので食後も楽。 カレーはどちらか一種類を選ぶこともできます。 小松菜とじゃがいもは、オーナー亜弥さんの畑で朝採れたばかりのもの。 だから、小松菜の「葉っぱ」の香りがとっても濃厚。葉物好きにはたまらない。 亜耶さんは、「毎日食べられるスパイス料理を作りたい」をコンセプトに活動をされています。なので、味はマイルド。でも、スパイス効果で、後からじわっと体が温まってくるんです。 「好き」にこだわっている人の手相は、勢いのある縦の線が出ていることが多いです。 縦線は、外の世界と自分を繋ぐ道のようなもの。「好き」に向かって自分の気持ちを届けようと放出するから、気が縦方向に進み、手のひらに縦線が生み出されていきます。 チケットを取ろうと何度もネットと格闘してみたり、仕事を調整して休みをもぎ取ったりと、今回のライブに参加するために、たくさんの「困難」を乗り越えてこられた武勇伝を聞かせていただき、私まで、ワクワクしてしまいました。 中指に向かう「運命線」や、薬指に向かう「太陽線」は、運が良い人の持っている線の中でも代表的なものです。諦めずに「好き」に向かって行動を続けるからこそ、運が良くなっていくのでしょうね。