お知らせ,  ブログ,  占い,  新着情報

自分で「手相」を観てみよう・やなぎだ化粧品店創業祭「手相講座」のご案内

やなぎだ化粧品店創業祭月間で、「ちょこっと手相講座」をやることになりました。
所要時間は60分。
こんなに短い時間で、本当に手相が観れるようになるのか?と、きっと思っておられるはず。
お問い合わせもいただいきましたので、ちょっと詳しくお知らせしていきたいなと思います。

まずは概要から
日時:7月4日木曜日
   7月10日水曜日
   7月13日土曜日
   7月18日木曜日
   7月27日土曜日
   7月31日水曜日
  いずれも10時から17時までご参加可能です。
費用:お一人様2500円
   こ家族でご参加いただく場合は「家族価格3500円」
ぜひ、ご夫婦で、またはお子様と一緒にご参加くださいね。
  (お子様の人数が増えても参加費は一緒です。)
内容:ワンレッスン60分程度
  資料あり
   

手相を観るとは、実は「線」だけ観ているのではないんです。
手のひらの膨らんだ部分も、「線」と同じくらい重要なヒントとなります。これを「丘」と言います。
「丘」は「気」の貯蔵庫のようなもの。どの場所にある「丘」が発達しているか、弾力はどうか、肌の色はどうかなどを観ると、その人の「全体像」を想像することができます。
「線」は「丘」の上に刻まれます。どの「丘」から出発し、どこに向かって伸びていくかで、どのような「気」を使うのが得意なのかがわかります。
つまり「丘」あっての「線」。
手相の本を見れば見るほど、自分の手のひらの「線」が何線かわからなくなるのは、「線」ありきで観るから。手相は皆んな違うので、本に紹介されている「線」は、それこそ「教科書通り」の一般的な「線」。
なのでピッタリとは当てはまりません。
講座では、最初に「丘」についてお話しします。
それから基本となる3本線「生命線」「感情線」「頭脳線」について鑑定する上でのポイントをお伝えします。
最後に、各個人の手のひらを見ていただき、自分の手相の「一番のウリ」を発掘していただきます。

この手相は、数年前のお友達のものです。
「最近”新しい線”が伸びてきた!」と言って画像を送ってくれました。
その”新しい線”とは、小指側の手首付け根あたりから斜め上に向かって伸びていく線のこと。
真っ直ぐにのびのびと上がっていますよね。
手相鑑定では「中指」が「自分」。
そして、その「自分」に向かって立ち上る線は、全て「自分自身の運命」に力を注ぐと考えます。
小指側のエリアは、「見えない領域」を表しています。それは、不特定多数の人のパワーとか、時の勢いとか。可能性が広がっていくものの力が貯まる場所。
そのエリアから線が中指に向かって伸びてきた、と言うことは、「あらゆることに挑戦する道ができた」と判断できます。
なので、「とにかく何でもやってみて!やりたい事の中で今できることはすぐやる!!!!」と占いました。
その後、お友達の活動範囲はぐんぐんと広がって、今もまだ「拡大中」です。
もともと活動的な人なので、占ってなくても拡大はしていたとは思いますが笑。「良い線が出た!」と言われたら、ますますやる気が出てきますよね。


このように、全ての線を拾い上げて丁寧に観る方法もありますが、「気になる線」や「良い線」に注目して観ると、「今」の気の流れの「雰囲気」がわかります。
「今」を知り「今」に適した行動をすることで、運気を味方にできるんじゃないかなと思っています。


「手相」って面白そうでしょ?
ぜひお気軽にご参加くださいね。

お申し込み方法:やなぎだ化粧品店または当ホーム「お問い合わせ」、SNSのDMまでお願いします。